言語化力ー言葉を生業にする全ての人へ

もり氏
今回はGO代表三浦崇宏氏の著書言語化力の紹介記事です

三浦崇宏氏は元博報堂でマーケティング、PR、クリエイティブ部門を歴任し、現在は独立しThe Breakthrough Company GOを設立した、今注目のクリエイターです。

言語化力

この世の中で言葉を発したことがない人はいないでしょう(当たり前)

ある言葉がきっかけで死にたくなったり

またある言葉がきっかけで生きる糧になったり

言葉の持つ強さ、危うさは凄いのです。

そんな言葉を生業とするクリエイティブディレクターである

三浦崇宏氏が筆をとった本書。

言葉を生業にする人は勿論

生きとし生ける全ての人に

関わる名著です。

今回は自分が本書を読んで響いた箇所を

かいつまんでご紹介させて頂きます。

独自の解釈で感じたままを書くのと

本書の中身と前後する部分が多々あるかと思いますが何卒ご了承ください。

突然ですが、私が思う

人生に必要なスキルが3つあって

人生に必要なスキル
①自分の物語を作る力
②言語化する力
③素直にアドバイスを実行するスピード

なのですが(人によって様々なのであくまで自分はこう思う)その3つ全てに関わるというか②はもろそのままなのでもうこの時点で読むしかない。と感じてました。

では早速GO!

話題になった左ききのエレンの広告もGOのプロジェクトです

GOの考えるクリエイティブとは

GO社の考えるクリエイティブとは

『非連続な成長を生み出すための思考法』と

定義しているそうです。

GO社の目的は

『クリエイティブの力で

企業と社会のあらゆる挑戦に

コミットする』

というものです。

ここで非常に響いたのが

目的と目標の棲み分けです。

GO ホームページはこちらの画像をクリック!

目的と目標

年収1000万欲しい、とか

月30万は稼ぎたい、とか

お金を目的にする人は結構います。

お金そのものに価値があるのか?という

話ですが、モノの価値は『言葉』で

作られる、と三浦氏は語ります。

技術が発達し、モノで満たされた時代

価値を生み出し、価値を伝える仕事をすること

これこそが重要で

作年対比120%や、今月予算達成などの

目標に人はワクワクを感じません。

それを、『この商品を使ってくれる全ての人の

生活をより良くする』であったり

社会においてこの製品、プロジェクトの価値を

定義することによって

どこに進むべきかを示すことが大切で

数値目標はその目的を達成するための

一つの手段に過ぎない、ということです。

バズより特定の誰かに刺され

バズる、という言葉が一時期モテはやされました。

誰もがいいね、の数を競い合い、時に過激さに走り、人の注目を浴びることが正義のような風潮。

しかし、三浦氏は100万PVを集めるサイトよりも

100人がTシャツを買うサイトを目指せと言います。

本当に大切なことは、広がることよりも、刺さった数でしかない。

インスタグラムがいいねの数を非公開にしたことで大きな注目を集めました。

深く刺すために大いに力になるのが

言葉』です。たくさんの人にしってもらうより

誰か1人の人生を変えることが出来れば

それは、世界を変える瞬間です。

言葉は最強の武器

本書の最終章で、

言葉は変化し続ける時代の、たった一つの変化しない最強の武器だ

という一説があります。

誰しも無数の絶望を乗り越えて

今を生きている。本書の著者、三浦氏もその1人で、自身が絶望した瞬間瞬間を赤裸々に明かしています。

それでも、幾多の絶望を乗り越えて、言葉を紡いで新たな価値を社会に提供している姿に尊敬します。

おすすめ

2020年早くもおすすめした本ランキング1位になった気がしている『言語化力』

本当にオススメ中のオススメ本です。

手に取って言葉という武器を手に入れましょう。

そうすれば世界はきっと、あなたに優しい。

もり氏
!!!

ABOUTこの記事をかいた人

愛媛県出身ライティングやブログの知識や、プロレス、読書など 趣味からエンタメの話なども公開していきます! 何かしら読んでいただいた方のプラスになる記事を沢山作れるよう に頑張りますので、何卒よろしくお願い致します(^ ^)