自分を操る超集中力を読んで超集中力を手にしよう

集中力が足りん!

と自分をぺちぺちしたくなったことはないでしょうか?

かくいう僕も集中せねば!と思って

気合を入れて作業に取り組もうとして

10分後にはの何故か乃木坂46の動画を見ている

自分に遭遇することがままあります。

そんな訳で今回ご紹介するのが

メンタリストDaiGoさんの

自分を操る超集中力』です。

自分を操る超集中力とは?

DaiGoさん著書、30万部突破のベストセラー本です。

本書では集中力の正体、そして集中力への誤解と

最短、最速で身につく集中力のスキルについて

解説されています。

正直、これは人生で知っていると知らないでは

10年後の自分に圧倒的な差が出る!と

ガチで実感したので、要点だけご紹介させて頂きます。

早速、いきましょう!

集中力の正体

集中力の正体は、額の2−3センチ奥にある前頭葉にあるそうです。

この前頭葉にある思考や感情をコントロールする力が

ウィルパワー』と呼ばれています。

このウィルパワー、体力と一緒で

使う度に少しずつ減って行きます。

休憩したり、睡眠したりと、集中するためには

ウィルパワーを回復させることが大切です。

長時間集中はそもそも無理

そもそも人の集中力は30分くらいしか

もたないそうです。クッソ鍛えた人でも

120分くらいです。多分悟空とかベジータクラスです。

なので、ヤムチャ(一般人)の私達に出来ることは

予め時間を短く区切りましょう。

30分やって、5分休むくらいのスパンで行くと

集中力が持続されます。

選ぶものは少ない方が集中出来る

これは、以前ご紹介した『ジャム理論』の話です。

選択肢が多いより、適切な量の選択肢から

選ぶ方が脳が疲れないので、より多く売れる

ということです。詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

座りっぱなしはダメ。15分に1度立ち上げれ

椅子に長時間座りっぱなしも

集中力を妨げます。理想は立って仕事をすることなのですが

流石にデスクワークでずっと立っておくのはそれはそれでしんどいので

15分に1度は立ち上がる習慣をつけましょう。

22時〜2時は絶対寝てなさい

22時から欲2時の時間はお肌のゴールデンタイム、超回復タイム

なので、この時間起きていると回復すべき時間を棒に振っているため

マイナスでしかありません。人間は元々日の出とともに起きて

日が暮れたら眠るようにプログラミングされた生き物なので

理想の理想は朝4時半に起きて夜の9時に寝ることです。(おじいちゃん?)

理想の睡眠は個人差ありますが7〜8時間と言われています。

うん。寝ましょう!

終わりに

集中力は消耗品、短期の集中、タスクを持ちすぎない、やるべきことは1つに集中する、など

本書には集中力を操るため、ひいては人間としてベストな行動理論に基づく法則が様々紹介されているため、読んで実践することで

得られる効果
①健康で文化的な生活
②生産性の最大化
③無駄な時間の排除

このような効果が得られる筈です!

そんなオススメの一冊、興味のある方は是非ご一読くださいー♪

ABOUTこの記事をかいた人

愛媛県出身ライティングやブログの知識や、プロレス、読書など 趣味からエンタメの話なども公開していきます! 何かしら読んでいただいた方のプラスになる記事を沢山作れるよう に頑張りますので、何卒よろしくお願い致します(^ ^)