年金って貰えるの??

今回は巷でホットな

年金

の話題です。

以前老後2000万円問題が大きな

ニュースになりましたが

実際問題どうなのだろうと思い

今回も、前回ご紹介したこちらの

本『日本人の給料はなぜこんなに安いのか』

を参考に調べていきます。

では早速参りましょう!

年金って払うだけ損なの?

本書では支払い額を=コスト、

受け取る額を=リターンとして計算し

計算しています。

年金の種類

私達が支払う年金には2種類あり

1つは会社員が支払う厚生年金です。

月給の18.5%を負担します。

厚生年金の特徴は納める金額の半分を

会社が支払ってくれる点です。

いわゆる二階建ての保険なので、

支払う額は多いですが、その分

貰える金額も多くなります。

もう1つは自営業者が支払う国民年金。

こちらは支払う金額が決まっています。

しかしその分貰える金額も少ないです。

年金多くもらいたければ会社勤めしておいた

方が良さそうです。。

日本人の平均寿命

日本人の現在の平均寿命は

男性81歳、女性87歳です。

65歳から受給する(将来的には

70歳からになるとも言われています)

としても、男性で16年、女性で22年は

受給し続けると考えると、

支払い額より少なくなる可能性は

低いような気もします。

年金は支払い損はない?

では、多くの人が懸念している

年金の支払い損は発生する可能性は

あるのでしょうか?

少子化の影響で人口が減少しているため

私達が貰う時には支払った額の方が

貰える額より多くなっているんじゃないか

的な声が多くありますが、

現状、計算すると最も経済状況が良くない仮説でも

支払額が受給額を超えることはないそうです。

そもそも年金支給のお金は

全額が社会人からの厚生年金、国民年金による

徴収で賄っているのではなく、半分は

税金から注入されているので

一概には言えないという背景もあります。

ねんきんネットに登録しておこう

ねんきんネットとは、これまでの年金記録や

将来受け取る年金の見込み額など自身の年金に

関する情報をパソコンやスマートフォンから

いつでも確認することが出来るサービスです。

誰でも登録出来るそうなので

早いうちから登録しておくのがいいかもです。

ねんきんネット 

結論 今を生きろ

結局将来どうなるかなんて

考えても分からんので

今を一生懸命生きろ

という最終的にもののけ姫的な感想です。

将来に備えて勉強しつつ

今を生きましょう。本日はこれにて。

ABOUTこの記事をかいた人

愛媛県出身ライティングやブログの知識や、プロレス、読書など 趣味からエンタメの話なども公開していきます! 何かしら読んでいただいた方のプラスになる記事を沢山作れるよう に頑張りますので、何卒よろしくお願い致します(^ ^)