YouTubeはテレビを超えたのか

日曜日はエンターテインメントにまつわる

記事を投稿しております。

今回のテーマは

YouTubeはテレビを超えたのか?です。

YouTubeとは?

そもそもYouTubeとはなんぞや?

という今更な話ですが

言わずと知れた世界最大の動画共有サイトです。

誰でも無料で動画を世界中に発信することが

出来る革新的で革新的なサービスです。

2006年からGoogleの参加になっているので

Google無しではもう生活がままならない人も

多いのではないでしょうか??

YouTubeって何がすごい?

そしてYouTubeは何が凄いのかについて

考察していきます。

①誰でも無料で発信できるようになった。

これが一番の革命ですね。

それまで、動画媒体で大勢の人に情報を届ける

方法ってテレビくらいしかなかったと思われるのですが

それを個人が無料で配信出来る媒体が

出来たことが革命でしたね。

ただ、YouTubeが登場した2007年当時は

ここまで旧劇に成長し、私達の日常にすっと

入ってくるメディアにまでなるとは。。

無料っていうのが取り分け大きいのでしょうね〜

②YouTuberという職業が生まれた

現在の中学生達のなりたい職業ランキング

第一位がYouTuberです。

これがYouTubeが世間に浸透していることの

何よりの証拠ではないでしょうか。

ヒカキンをはじめ、面白いことをやっている

楽しいことを提供している大人に

いつの時代も子供は憧れるものなのだと

言えますね!

③広告の新しい形を産んだ

YouTuberが得ている収益は広告収益です。

YouTubeは売上高を公表していないそうなのですが

2018年のYouTubeの売上高は

予測では2兆円くらいいってるという説もあるので

最早一大産業ですね。

もうテレビで広告打つより、自分が観たい動画を

見ている最中に入ってくる広告の方が

見ちゃいますもんね。テレビCMはリアルタイムで

見ていたら飛ばせないし、実際リアルタイムで

テレビを見るということがほとんどなくなってきている

ので、数秒したら飛ばせるYouTube広告の方が

今の時代には合っているのでしょうね。

テレビって実際どうなの?

そして気になるのが

現在のテレビ業界って

売上どうなってるのかなというところですが

テレビ業界の売上高ランキングは

以下のようです。

業界動向.comより

そして放送産業の市場規模の推移はこちら

総務省HPより

2008年からほぼ横ばいという状況です。

動画市場にYouTubeという新たなプラットフォームが

誕生し勢力を拡大しているので

今後は更に厳しくなるだろうという予想です。

とりあえずGoogleの入社試験対策でも

練っておいた方がいいかも知れません。

10年後のYouTubeとテレビ業界はどうなるか

10年後どうなっているのか?問題ですが

ぶっちゃけわからんです。←オイ

テレビ局が無くなることは予想し辛いですが

動画市場は今後はオウンドメディアが続々参入してきて

テレビからの乗り換えが激しくなってくると

いう意見を良く聞くので、ある程度の素人系youtuberは

淘汰されていくのではないでしょうか。

今から本気で稼ぐためにYouTubeに参加するのは

難しくなってきそうですねー。。

私は引き続き視聴者側に回って静観しますw

ABOUTこの記事をかいた人

愛媛県出身ライティングやブログの知識や、プロレス、読書など 趣味からエンタメの話なども公開していきます! 何かしら読んでいただいた方のプラスになる記事を沢山作れるよう に頑張りますので、何卒よろしくお願い致します(^ ^)