生産性を上げる4つの方法

週の初め、月曜日は仕事に関わる記事です。

生産性を上げるという話は

恐らく全ての社会人が一度は意識した

ワードなのではないでしょうか?

今回は生産性を上げるために必要な

4つの方法について解説していきます。

生産性を上げる4つの方法とは

生産性を上げるために、主に以下の

4つの法則を活用していきましょう。

その4つの法則がこの下の欄になります。

(1)Eliminate 排除する/なくす → その作業をなくせないか?
(2)Combine 統合する → 複数の作業を統合できないか?
(3)Rearrange 順序を変更する → 作業の順序を入れ替え・並行できないか?
(4)Simplify 単純化する → 作業を省略・簡素化できないか?

Eliminate 排除する/なくす → その作業をなくせないか?

1つ目は、作業そのものをなくすということです。

それまでの慣習や、なんとなくやっている作業の中で

その作業に必然性があるのか?

そもそもその作業をやる意味があるのか?

という疑問を常にもって、なくせるものは

思い切ってなくしてしまう決断が必要です。

これ意味あるのかな?と思いながらなんとなく

流れでやってしまっている作業は案外少ないです。

現状を疑ってかかる癖はつけておきましょう。

無駄な仕事はゴミとして処分しましょう

Combine 統合する → 複数の作業を統合できないか?

それまでそれぞれ単独で行っていた作業を

1つに組み合わせることで工程の削減

かかる時間を削減することに繋がります。

人は1日に9000回判断をしていると言われます。

作業工程が多いということはそれだけ

判断する回数も増えていくということですね。

その数を減らすことで、より作業精度も高めることに

繋がり、時間削減にも繋がります。

この後会社が統合されます

Rearrange 順序を変更する → 作業の順序を入れ替え・並行できないか?

作業の順序を入れ替えることで、移動時間を

削減出来たり、並行して行える作業は同時進行することで

そこにかかるロスをより減らすことが出来るという方法です。

日本人は変化を嫌う生き物なので、もともとあった

流れを崩すことを好んでやりたがらない

人は多いですが、それが意識の硬直を産んでしまう

元になります。

作業順を入れ替えることや、スケジュールを

修正することで生産性向上に繋がる事例は

多くあります。スケジュール管理が上手な人間は

得てして生産性が高い、ということはイメージしやすい

ですよね。

スケジュール管理が出来ないと。。

Simplify 単純化する → 作業を省略・簡素化できないか?

単純化、も重要な要素です。

作業を出来る限り短くしたり、簡単にすることで

誰でも出来るようにする、ハードルを下げることに

繋がります。

自分を白黒に単純化

最後に、1番の生産性向上は感情報酬の多さ

と、生産性向上のための4つの方法をご紹介して

きましたが、加えて5つ目をご紹介させてもらうと

感情報酬を多く得る機会がある

ことが生産性向上に繋がります。

メェエエエんタルということでヤギ

褒められる。楽しいと感じる。

もっと頑張ろうと思える仕組みがある。

個人を見てもらえる環境がそこにある。

そして感情を揺さぶられる体験の出来る

仕組みがそこにあれば、人はもっとその場所で

頑張ろうと考えますし、必然的に離職率は低くなりますし

チームワークも向上することで生産性も結果的に

高まります。

一緒に働く相手のことを知ることも生産性の

向上に繋がります。人は知らないものや知らない人のことを

嫌ってしまう傾向にあるので、相手を知り自分を知ってもらう

取り組みは結果的に生産性向上を引き起こす。

と言われてみればそうなのかもな、と思うところですが

実際、どれだけの企業がそれを実践、実現できているかと

いうと正直怪しいところですよね。

今日はそんな生産性向上に繋がる4つ+1つの

方法の話でした。

ご精読ありがとうございます!

ABOUTこの記事をかいた人

愛媛県出身ライティングやブログの知識や、プロレス、読書など 趣味からエンタメの話なども公開していきます! 何かしら読んでいただいた方のプラスになる記事を沢山作れるよう に頑張りますので、何卒よろしくお願い致します(^ ^)