同一労働、同一賃金について考える

2020年4月から施行される(資本金3億円未満、

従業員300人未満の中小企業は2021年4月から)

同一労働同一賃金法

欧米ではかなり

主流になっている働き方のようですが

日本ではまだまだ正規雇用と非正規雇用の

格差が大きく開いているというのが現実です。

今回はそんなホットな話題について調べてみました。

仕事選びって難しい。。

同一労働同一賃金とは?

この制度について説明しますと

同一労働同一賃金とは
(同一労働同一賃金の導入は、同一企業・団体におけるいわゆる正規雇用労働者(無期雇用フルタイム労働者) と非正規雇用労働者(有期雇用労働者、パートタイム労働者、派遣労働者)の間の不合理な待遇差の解消を目指すものです。 ※厚生労働省ホームページより抜粋)

同じ内容の仕事をしているのに

社員とパートで給料の格差があるのは

おかしいでしょー解消しましょうって制度ですね。

対象になるのはどんな人?

今回の対象になる労働者は

非正規雇用労働者(パートタイム労働者、有期雇用労働者、派遣労働者)

となります。

ちなみに正社員は無期雇用フルタイム労働者と定義

されます。

2017年度のデータでは職場における

非正規雇用の割合は37.3%に上ります。

この労働に意味はあるのか?鉄球は筋トレ目的で取り付けていると仮定。

施工されるとどうなるの?

実際に施行されると何がどう変わるのか?

について解説します。

目指せホワイト企業

まず、正規、非正規関係なく仕事内容が

相違ない場合は基本的に不合理な賃金格差を

つけることが禁止されるようです。

また、各種の手当てやボーナスも今まで

非正規だと支払われていなかったものも

支払い義務が発生するようですね。

詳しくは後述の厚生労働省ホームページの

概要を参照にしてください。

更に、今までは義務ではなかったパート・派遣・有期

労働者に対しての説明義務が強化されます💡

待遇に関する説明義務が強化された(厚生労働省リーフレット「働き方改革~一億総活躍社会の実現に向けて」より)

今まで弱い立場だった非正規雇用側を守る制度と言えますね👶

制度のメリットは?

本制度がもたらすメリットについても

知っておきましょう。

①仕事内容が同等な場合正規非正規の格差が

是正されることで、非正規雇用者のキャリアアップが

図りやすくなる。

②非正規の待遇が向上することで相対的に

企業の生産性が向上する

③非正規雇用の待遇向上により

人手不足解消の1つの対策になる。

といったことが考えられますね!

制度のデメリット、懸念材料は?

逆に考えられるデメリットとして

①企業の人件費が高騰し、事業運営に

支障を与える危険性がある。

結果、正規、非正規間の賃金是正のために正規雇用の

賃金が削られる可能性がある。

デメリットもあるよね〜

②正規雇用の人間のモチベーション低下の懸念。

正規雇用であるメリットを享受しにくくなるため。

やりがいってなんだっけ。。

③非正規雇用間でも就く職種によって

賃金格差が生まれる可能性がある。

等が挙げられます。

こんな給料袋今日日見たことない

まとめ

フランスなどでは職種単位で賃金が

決まっているため、結果同一労働同一賃金を

実現しているという背景があります🇫🇷

しかし日本は基本的に賃金は企業単位で

決められているため、今後同一労働同一賃金の

法律が施行されても、足並み揃えて改善されるのかは

疑問が残るところですが

なんにせよ非正規雇用者の理不尽な待遇が

改善されることは好ましいことであると

感じますね🌟

今後の働き方を考える上で参考になれば

幸いです^ – ^

読んで頂きありがとうございました!

こちらの記事も併せてどうぞ

ABOUTこの記事をかいた人

愛媛県出身ライティングやブログの知識や、プロレス、読書など 趣味からエンタメの話なども公開していきます! 何かしら読んでいただいた方のプラスになる記事を沢山作れるよう に頑張りますので、何卒よろしくお願い致します(^ ^)