情報を出し続ける

何者でもないゼロの状態から

自分のブログにアクセスしてもらうのって

非常に難しい・・・

ということを日々感じております。

そんな中この記事を読んでくれている皆様

ありがとうございます^ – ^

目からウロコ

そんな訳で悩んでいたので

『アル』というアプリを作っている

会社の社長のけんすうさんという方に

そのままその悩みを質問してみました。

アルホームページhttps://alu.jp/

決して僕とけんすうさんが友達という訳ではなく

オンラインサロン『アル開発室』の特典で

週1で何でもけんすうさんに質問出来るコーナーが

アルのです^ ^

めちゃ有名人の社長さんに質問出来る機会なんて

中々無いのでそれだけでも入会する価値アルと思います。

オンラインサロンアル開発室URL

https://salon.jp/alu

👆月額980円!興味のある方は是非☝️

唐突な中2病のイラスト。いらすとやなんでもあって神

そこで頂いた答えが

インフォメーション(情報)を出しつづける

です。

なるほど。

ここからはけんすうさんの考えを元に

自分なりの解釈で解説していきます。

自分の得意、好きを発信して見つけてもらう

情報に溢れすぎた現在、CMで一方的に

情報を擦り付けようとするよりも

自分が好きなもの、興味があるものをダラダラ

探してみて、YouTubeやtiktokで偶然発見する

という流れが主流になっています。

広告の在り方が変わってきていると感じますね。

好きを共有


いいね、と思ってもらえる記事を

そして見つけてもらったら次は

反応してもらうことが大事で

いいね、を押してもらう。

コメントをしてもらう。

他の記事も見てもらう。

自分のブログから商品を購入してもらう

まで行くと反応の究極系ですね^ ^

飯テロ!


体験で感動を

そして購入した商品や体験したイベントで

感動するような体験を

提供出来ると更に惹きが強くなります。

妊婦体験で生命の神秘に感動


物語化

良い体験はその人の中で物語化していきます。

表面的な口コミはもう飽和状態で

食べログなどの口コミサイトの

価値がどんどん下がっているんですよね。

何故なら情報が溢れてもう大抵どこのお店

入ってもそれなりに美味しいからです。

大将!いつもの!店員「お客様、当店本日オープンです」


なので、もう美味しいかどうかだけでなく

そのお店に対してストーリーを感じるように

なっているかどうか。が重要になります。

店員さんがいつ行っても笑顔で迎えてくれて

以前お店に来た時のことも覚えてくれていて

食後にコーヒーをサービスしてくれた。とか、です。

この自撮り多分ケーキ写ってない。。

物語の共有

そんな素敵な物語を実感出来るお店を

自分の言葉でSNSでシェアしていけば

普通の口コミよりその人の想いが入っている

分伝わるものは大きいですよね。

物語の共有化と、感情を揺さぶる体験は

これからのマーケティングに大きなウエイトを

占めるのかなと感じますね!

愛に出来ることはまだあるよ


終わりに

正直ほぼけんすうさんの記事の受け売りなので

こちらのNOTE記事を診てもらうと100倍

わかりやすく腑に落ちる考え方を理解出来ると

思います!👇コチラからどうぞ👇

SNS時代のマーケティングフレームワーク

DRESSとは?https://kensuu.com/n/nb5a61d3dbf90

ちなみに冒頭の写真はスヌーピーにマフラーを撒いたら

アラブの人感が出たのでその情報共有です(⬅︎無意味な情報発信)