サードドア 精神的資産の増やし方〜を読んでの感想

最近読了した本を紹介するコーナーで

ございます^ ^

今回読んだのはこちら

アレックスバナヤン著 サードドア 精神的資産の増やし方〜

です。外国語の日本語訳本はあまり得意ではないですが

何かタイトルに惹かれてすぅっとレジにもっていった

次第です。

サードドアとは?

それでは、早速本著について解説していきます。

著者プロフィール

著者名:アレックス・バナヤン 1992年生まれ。

フォーブス誌の「30歳未満の最も優れた30人」に

選出されたり、アップル、IBM、グーグル、ナイキ、

ディズニーなどの超有名企業での講演を行なっている

経歴を持つ半端ない人です。

大学一年生の時にアメリカの有名なテレビ番組に

出演し、商品の豪華ヨットを獲得し

それを即効売り払ったお金を元手に

「自分らしい人生のはじめかた」

を学ぼうと世界屈指の成功者達にインタビューを

していくという話です。

サードドアって何?

タイトルにあるサードドアって一体何?

というのがまず最初の疑問だと思います。

まず99%の人が並ぶのが正面入り口である

ファーストドア。

そしてVIP専用入り口であるセカンドドア。

億万長者やVIP、セレブだけが利用できる。

さらに、いつでもそこにあるのに

誰も教えてくれないドアこそがサードドアなのです。

さぁ、これでサードドアの説明は以上です。

嘘です。最後にまた解説しますw

3つのドア。これぞサードドア。

ただの学生がインタビューに漕ぎ着けた人間が大物すぎる

本書の中で大学生ながらインタビューに漕ぎ着けた

人間が凄過ぎるのです。

ビルゲイツ、レディー・ガガ、クインシー・ジョーンズ、ジェシカ・アルバ、ピットブル、etc、、、どうやってこれだけの人物と繋がれたのかという

その過程の物語を見るだけでも面白い本です。

そしてどうすればここまでの成果を出すことが

出来るのか。その過程、ノウハウを自分に

取り入れることは出来るのではないか?

という視点で読み進めてもいいなと感じました。

その手順を順を追って説明していきます。

①メンターを見つける

これめちゃ大事なんだと思いました。

自分の見本、この人なら間違いない、と

思える人間をメンターとして

師事する。バナヤンもエリオットという

メンターと出会い彼の支持を受けることで

加速度的に成長していくことが出来たのです。

そんなメンターと出会えること自体結構な

確率なんですがね!

②粘り強く、粘り続ける

とにかくこれに尽きます。

諦めない。目的にたどり着くまでの

方法を何通りも考える。

ただ粘るだけでなく、成功する為の

方法を考え続けること。

身体だけ頑張ってやってる感出して

動かしててもダメなんだって話です。

頭使わないといけないよってダルビッシュも

言ってますよね。

③失敗によって得られるものに価値があると知る

失敗を重ねると人は凹むものですが

失敗は成功の対義語ではないことを

知ることです。

カッコつけてそう考えるのではなく

本質を知ることが大切です。

成功も失敗も挑戦した結果だということを

理解し、挑戦することにこだわることを

決めたことがバナヤンにとって

大きな転換期となります。

サードドアに挟まれたの図

終わりに 人生とはー

サードドアの中で好きなフレーズがあります。

人生とは、同じ教訓に何度も何度も

頭を叩かれて、やっとそれに

耳を傾けるものなのだ。

最後に、サードドアの入り口についても

こう言及されていました。

ーーその入り口は、行列から飛び出し、

裏道を駆け抜けて、何百回もノックして窓を乗り越え、

キッチンをこっそり通り抜けたその先に、

必ずあるんだ。

行列から飛び出す勇気が、あなたには

ありますか?

ABOUTこの記事をかいた人

愛媛県出身ライティングやブログの知識や、プロレス、読書など 趣味からエンタメの話なども公開していきます! 何かしら読んでいただいた方のプラスになる記事を沢山作れるよう に頑張りますので、何卒よろしくお願い致します(^ ^)