ただ桜木花道がシュートしているだけのアプリが出たよ

いやー遂に出ました。

言わずとしれた超名作バスケマンガ『スラムダンク』の

アプリが出ましたよ!

その名もSLAM DUNK Talkin’ to the Rim

なんとこのアプリ、ただスラムダンクの主人公

桜木花道が公園で

シュート練習をしているだけという。

(もり氏)
(何それエモ過ぎるっしょー!!!)

いや、本当それだけなんです。

それだけのアプリが税込250円です。

バスケットボールを題材にした井上雄彦氏による少年マンガ『SLAM DUNK(スラムダンク)』のアプリ『SLAM DUNK Talkin’ to the Rim』がApp StoreGoogle Playで配信されている。価格は250円[税込]。

詳しくはマンガアプリ『アル』で

記事を書かせて頂いたので

こちらをご覧下さい。

仕事終わりから気合いで

明け方までかかって必死で書いたのです。

スラムダンクの好きなところ

そんな1996年に連載終了したにも関わらず

愛されてやまないスラムダンクの好きなところを

いくつか挙げてみようと思います。

スゲェ人気だ!

その1 桜木の成長スピードが凄い

作品の期間はたった4ヶ月。4ヶ月で

花道は素人から全国優勝チームとタメを張る

レベルに成長します。成長スピード凄すぎる!

でも花道が最初はレイアップ、リバウンド、

ゴール下シュート、ジャンプシュート、と

一つ一つ武器を増やしていく過程は丁寧に

描かれていて、マンガを読んでいる感じ

あまりその成長スピードに違和感を

感じないんですよね。それってすごいなと。

愛すべきキャラに溢れている

ディフェンスに定評のある池上。

山王戦にちょびっとだけ出場しただけで

異様に疲れている角。

一度も練習から逃げたことのない山王の一ノ倉。

ヘルメットが嫌いな鉄男。

脇を固めるキャラをこんなに記憶している

マンガがこれまであったろうか。いやない。

それほど一人一人のキャラが立っていて

なんでこんなにしっかり皆生きてるんだろうと

おもってしまうくらいに

愛すべきキャラで溢れた作品なのです。

みっちゃーーん!!

名言多い

ホントこれに尽きます。

心動かされる名言が多いこと多いこと。

読んだことない人でも知ってるこんな名言。

赤木もほうってなるこんな名言。

チームとは何かを的確に明確に表す言葉

このセリフもあまりにも有名。

堂本監督の言葉が胸に来る。

そんな名言もたっぷりのスラムダンクのエモ良いアプリを

要チェックや!

スラムダンクアプリ公式サイトはこちら

http://www.flow-er.co.jp/sdar/

ABOUTこの記事をかいた人

愛媛県出身ライティングやブログの知識や、プロレス、読書など 趣味からエンタメの話なども公開していきます! 何かしら読んでいただいた方のプラスになる記事を沢山作れるよう に頑張りますので、何卒よろしくお願い致します(^ ^)