えらい店長著『しょぼい起業で生きていく』を読んでみた

『仕事に貴賎はない』が信条のもり氏です。

はい、初めて言いましたが

社会人1年目の時から

なんとなーく抱いていた感情です。

要約すると

『どの仕事も一様に尊い』

という僕の解釈ですが

間違ってたらごめんなさいm(_ _)m

そんな訳で今回読んだ本が

コチラ

えらいてんちょうさん著の

『しょぼい起業で生きていく』です。

Twitterで検索すると

結構な人数の方が

しょぼい企業 と

入力ミスってます笑

そんな自虐に走る人多数の

こちらの本の

『しょぼい』というワードに

惹かれて購入した次第です

えらいてんちょう プロフィール

著者のえらいてんちょうさんは、

大学卒業後

『どうしても朝起きれない。会社員

絶対無理ー』という理由で

起業します。

リサイクルショップを起業したのを

皮切りに

学習塾やバーを経営し、

現在は『しょぼい起業』を

したい若者達のために

バーをフランチャイズ化し

投資家・コンサルタントとしても

ご活躍している

全然肩書き聞くとしょぼくない人です。

YouTuberでもあります。幅広いお人

あんまお金なくても起業できる

本書で語られているのは

あまりお金なくても

起業はできるよ。

自分の家を店にしてしまえば

いいよー的なことで

勝手にハードルを上げまくっている

起業というものに対して

そこまで大層なもんじゃないと

背中を押してくれるような内容です。

えらいとまず自分が思うことが大事なのかもしれない

正しいやりがい搾取

本書で述べられている面白い

一文が

正しいやりがい搾取です。

搾取に正しいも正しくないも

あるのかしらんと

考えてしまいますが

『こちら側が何も頼んで

いないのに、人が自由意志で

なにかをしてくれる』のが

正しいやりがい搾取だそうです。

中々狙ってやることは難しいですが

日頃から人間関係を構築することや

相手の為に行動することが

大切と言えそうです。

エモいてんちょうが素敵

本の中盤で出てくる

エモいてんちょう

の話が素敵です。

『お金がふえていなくても、周りに

人が増えるだけでなんとなく

元気になること』とか

『必要なときに必要な人にお金を

回すことで、やりたいことがやれる、

死ななくてよかったと思う人が

増えるということがやりたかったこと』

というエモさ全開のエピソードが

胸を討ちます。

このえもいてんちょう

さんも本を出されているので

気になった方は一読を

お薦めします^ ^

投資したくなる人とそうでない人

細く的なお話ですが、

投資したくなる人と

そうでない人の違いが

とても腑に落ちたので

さくっとご紹介ですが

世の中アイデアを思いつく人は

ゴマンといて、ただそれだけで

お金ちょうだいと言ってる人は

大抵出資してもらえなくて

思いついたアイデアを少しでも

自分ができる範囲で形にしようとしていて

ただそれ以上はどうしてもお金が

なくて進めないので支援してほしい!

という方には出資してもらえる率が

ぐっと上がるそうです。

アイデア思いついた段階ではまだゼロの

状態なので

ゼロ→イチに出来る人は

信用度が増すという話なのかなと、、

参考になりますね!

ええ本やで

まとめ

今の仕事がうまくいかない、仕事が全然

できない、アルバイトも学校生活も

何をやってもうまくいかない、自分は

もうだめだ、と思っている方に是非読んで

貰いたい一冊です。起業を考えている人は

勿論ですが、こんな方法もあるんだ!という

気づきや、なにより『しょぼくても

生きていける』というしょぼくない事実が

読者の背中をやんわり支えてくれます。

そんな本です。読後にちょっとカフェでも

行こうかなと思える、良いですよ。

ABOUTこの記事をかいた人

愛媛県出身ライティングやブログの知識や、プロレス、読書など 趣味からエンタメの話なども公開していきます! 何かしら読んでいただいた方のプラスになる記事を沢山作れるよう に頑張りますので、何卒よろしくお願い致します(^ ^)