ミクシィ〜古き良き時代のSNS懐かしい場所〜

2019年8月15日、お盆も終わりを迎えましたが

運悪く台風が列島直撃で里帰りに

影響が出た人も多くいらっしゃったのでは

ないかと思います。

かくいう私も、里帰り的な感じで

学生時代に流行りに流行った

SNSの先駆け的存在

mixi(ミクシィ)を

久し振りに覗いてみました。

理由は特にないです。

強いて言えば

お盆だから🍆

です。

今回は

お盆特別企画、11年前に打ち立てた

あのコミュニティーは今?

をお送りします^ – ^(今回は需要無視)

お盆だけにお盆にのったお茶をどうぞ

mixiとは?

以下Wikipediaより抜粋です。

2004年2月にサービス開始。SNSとして発展。

正に元祖SNSですね^ – ^多分僕が最初に

始めたのが2006年くらい?だった

筈です。当時は爆発的に流行った

記憶がありますね〜^ – ^

サービス名の由来は、公式サイトの説明[2]によると、「mix(交流する)」と「i(人)」を組み合わせた造語で、利用者同士の交流が深まることを願って名づけられたものである。

そんなお洒落な由来があったのね。。

お蕎麦を持ってくる人。お盆繋がりといううっすいギャグ

当初mixiは、既に入会している登録ユーザーから招待を受けないと利用登録ができないという、完全招待制を採用していた。この方式は、ユーザーそれぞれの素性が明らかになり、健全で安心感のある居心地の良いコミュニティを維持するという目的で採用されている。 なお、招待した側とされた側は自動的にマイミクシィ(友人登録)となり、登録後3ヶ月間は外すことが出来ない。

マイミク・・・

懐かしい。昔良くマイミクって単語を

言ってたなぁ。。

沖田艦長も懐かしすぎて泣いてます

早速、懐かしのmixiの現在を

みてみましょう。

現在のミクシィトップページ

現在のmixiトップページは

こんな感じです。

昔はコミュニティがもっと前面に出てきた記憶が

ありますが、今はニュースや

広告がメインな感じですね〜。

痛恨のミス

そしてここで痛恨のミス。

最早7年近くログインしていなかった

ため、

登録IDとメールアドレスが

1ミリも思い出せん

問題が発生。

考えても思い出せそうにないので

もう考えるのをやめました。

ジョジョのカーズ的心境(正直ジョジョには詳しくないがなぜかここは強く覚えている)

我が懐かしのモンスターコミュ

そんな僕(どんなだ)ですが

ミクシィのとあるコミュニティーの

管理人でありました。

コミュニティーとは

まぁ誰でも立ち上げられる

サークルのようなもので、

自分の性格や住む地方や

好きなカテゴリーに該当していれば

好きなだけ選んだコミュニティーに

入ることができて、

そのコミュニティの中で

様々なトピックが打ち立てられて

コメントしたり出来るというやつです。

こちらが現在のコミュニティの画面。

昔より人数減ってる気がしますね。。

GLAYのコミュニティ当時相当

人いたような記憶が。。時代ですね。

最盛期の人数はなんと。。。

そんな中、僕が打ち立てたコミュニティの

タイトルが

「わかってないのにハイという」という

自分的にはあるあるやけどそこそこニッチという

わかってなくても「ハイ」って言っちゃう人の

ためのコミュニティです。

上記のやつですね。

しかしなんとこのコミュニティ、、

最盛期で30000人が在籍

という中々のモンスターコミュニティでした。

今でもどうやら2万4000人くらいいますね。

結構わかってないのにハイといってしまう

人、多いみたいですね^ – ^

皆さん返事だけは一人前です。

しかしながら皆分かってない人達の

集まりが故に

トピックを打ち立てても

誰もコメントしないという

メンバー数と

活動の活発さが

比例しないという

アンバランスなコミュニティに。。。

何故か中途半端な数で記念トピックを打ち立てる

これまたわかってない管理人。

負けじとトピックを上げ続ける若かりし日の私。

嘆き節も聞こえてきます。。

社会人なりたての人間には

この人数を裁くのは荷が重かったですね。

なんだか色々懐かしかったなぁ。。

帰省の終わりに

いや〜たまには帰省も良いものですね。

懐かしのmixiは今もしっかりと

存在してくれていて、

帰るべき場所として

まるで田舎のおばあちゃん家のような

佇まいを見せてくれていましたね。

もう既にサイトが消し飛んでいて

御墓参り状態にならなくて

良かったです( ^ω^ )

今後のmixiの御発展を祈念して

ご挨拶と代えさせて頂きます。

ご拝読ありがとうございました^ ^

こちらのニッチ記事もおススメです。

このブログは滝一で検索したらトップに出てくる

ブログを目指しております。(ブログの方向性自体がニッチ!)