最早一般常識レベル、獣神サンダーライガーについての理解を深めておいて損はない話

最近は、親会社であるブシロードの

メディア戦略も相まって

テレビでレスラーを観る機会も

随分増えた今日この頃ですが

その印象的なビジュアルから

今も昔も、一般層からの

認知が非常に高いあの人について

全人類レベルで

ある程度理解を深めておく

必要があると感じ、

一筆取らせていただいた次第です。

そう、皆さま一度はどこかで

見たことがあるのではないでしょうか?

獣神サンダーライガー選手です。

ちなみにウッチャンナンチャンの

内村さんと同い年です。

もり氏
若く見えるけど結構おっさんなんだね!

怒りの獣神サンダーライガーとは?

獣神サンダーライガーの誕生秘話は、

「マジンガーZ」や「キューティーハニー」で

おなじみの

漫画家、永井豪先生の作品との

コラボレーションとして

1989年、新日本プロレスで

デビューしたのがきっかけです。

当初は、獣神ライガーという

リングネームで登場しましたが

ほどなくして

今の、獣神サンダーライガーへと

改名しました。

初期の獣神ライガー

リヴァプールの風になった

そんな獣神ですが、

正体はWikiにも載ってるので

もう言っちゃいますが

新日本プロレスで

1984年にデビューした

山田恵一さんです。

山田さん

1984年組なので、

花の1985年入団組(と僕が勝手に命名)

と呼ばれる武藤敬司、蝶野正洋、AKIRA、船木誠勝ら

の1つ先輩に当たりますね。

獣神サンダーライガーは、

後々のインタビューで

山田はリヴァプールの風になった

という非常に

お洒落な一文を残しております。

※この場での余計な突っ込みは

ご遠慮ください。

始球式に登場した怒りの獣神

ヘビー級に通用するjrヘビーの第一人者

獣神サンダーライガー選手は

世界中にファンの多い

超有名選手ですが、

プロレス界には長らく

ヘビー級の壁

というものが存在しており

体重100kg以上をヘビー級、

それ以下をjrヘビー級とカテゴライズ

するのですが、

この体重差のハンデはことの外

大きく、長らくjrはjrの枠内での戦いに

終始し、対ヘビーで対等に渡り合える

jr選手は皆無の状態でした。

そんな中、ヘビー戦士に

パワーでも引けを取らないのが

ライガー選手です。

見てこの体

ライガー選手、身長は170センチしか

ないのですが、

このヘビー級に見劣りしない

身体でjr最強選手として

対ヘビーとも対等に

渡り合う実力者です。

今日に至るまで一線で

永らくプロレス界に

君臨しております。

走れ走れ明日へ走れ

伝説の試合 1996年10月20日グレート・ムタ戦

そんなライガー選手の伝説の試合

1996年神戸ワールド記念ホールでの

対グレート・ムタ戦。

この試合で、ライガーは

ムタのラフ殺法にやられ

マスクを剥がされるという

暴挙にも出られますが

なんとそのマスクの中には

ペイントされたライガーが!( ・∇・)

怒りのペイント

YouTubeでも動画上がってるので

興味のある方もない方も

フェイスペイントに興味のある方も

視聴を推奨します。

みちのくプロレス代表、グレートサスケとのマスクマンタッグはあまりにも有名

入場曲がカッコいい

そんなライガー、入場シーンも

絵になります。

ライガーの入場テーマ

「怒りの獣神」

オリコンで12週連続で

1位を獲得していてもおかしくない

クオリティの楽曲です。

入場も併せて楽しみましょう。

ライガー最終章

そんなライガーも

ついに、2020年1月4日の

東京ドーム大会での引退を公言しました。

常に最前線をひた走ってきた

ライガー選手の引退には

期するものがありますが

叶うことなら引退試合には

足を運びたいと思っております。

怒りの一礼

引退時代では、

過去一度しか披露したことのない

シューティングスタープレスを

是非披露して頂きたいですね!

本日は、以上!!

ロメロスペシャルは世界の共通語

こちらの記事も是非ご覧ください!

ABOUTこの記事をかいた人

愛媛県出身ライティングやブログの知識や、プロレス、読書など 趣味からエンタメの話なども公開していきます! 何かしら読んでいただいた方のプラスになる記事を沢山作れるよう に頑張りますので、何卒よろしくお願い致します(^ ^)