偉人伝 アジア初の4大大会制覇 マイケル・チャン

フェデラーとの壮絶な戦いの末

ジョコビッチの優勝で幕を閉じた

テニスの4大大会、ウィンブルドン選手権の

興奮も冷めやらぬ中

この人のことをもっと

知りたいなと思ったので

今回はこの方を

クローズアップさせて

いただきます!

テニス好きの観客。。ではございません。

おなじみ、錦織圭選手の

コーチとして有名な

マイケル・チャン氏です。

奇しくも前々回のマイケル・ジャクソンに

続いてマイケルシリーズです。

おそらく次回のマイケルシリーズでは

マイケル富岡がフューチャーされる

予定です。

マイケル・チャンとは?

2013年12月から錦織圭選手の専属コーチとして

チーム圭に加入している

マイケル・チャンですが、

現役時代のことは

あまりなじみがない人も多いと

思いますので、

現役時代の実績を含めて

ご紹介していきます。

17歳3か月で全仏優勝

マイケル・チャンのルーツですが

両親はともに台湾移民でアメリカで出会い

結婚し、1972年に

ニュージャージー州で生を受けます。

アジアルーツを持つ選手です。

1988年にプロ入りし、1989年に

出場した全仏オープンで、

4回戦、当時世界ランキング1位

だったレンドルに大逆転で勝利し

その勢いそのままに

4大大会史上最年少優勝という

快挙を成し遂げます。

太ももの筋肉パネェ

圧倒的なフットワーク

マイケル・チャンのプレースタイルは

驚異的なまでのフットワークを活かした

ストロークプレーです。

身長が175cmと、屈強な欧米の

テニスプレーヤーの中では小柄な

部類に入るチャン選手は

粘りと鋼のメンタル、そして頭脳的な

ゲームメイキング術を駆使し、

最高ATP世界ランキング2位まで

登り詰めます。

引退後~

2003年に31歳で現役を引退後、

実績を買われ数々のコーチの

オファーを受けるも断り続けます。

私生活では2008年に12歳年下の

テニス選手、アンバー・リューと結婚。

2010年に第一子が誕生しているそうです。

パパになったチャン

2013年、錦織のコーチに就任

そして2013年、錦織圭のコーチに就任します。

今まで数々のオファーを断ってきた

チャン氏がこのオファーを受けたのは

同じアジアにルーツを持つ選手であることや

チャン氏が成し遂げられなかった

世界ランク1位、さらには4大大会の制覇という

偉業を、アジア人として叶えるためなのだと

いう思いからだと感じられますね!

厳しい指導で知られる

そしてマイケルチャンコーチ、

非常に練習が厳しいことでも有名です。

錦織に一番不足していたといわれる

メンタル面を鍛え上げ、

世界のトップと戦っても

気おくれしない精神力を身につけられたことも

錦織圭選手の現在の活躍に

つながっているといえますね

よくテレビで見るコーチ陣のガッツポーズ

まとめ

アジアにルーツを持ち、同じような体格と

プレースタイルの錦織圭選手と

マイケル・チャンコーチ。

出会うべくして出会った二人と

言えますね!

近い将来、このタッグが世界の

頂点に輝く日を見たいものですね!

テニスつながりでこちらの記事もぜひ!

ABOUTこの記事をかいた人

愛媛県出身ライティングやブログの知識や、プロレス、読書など 趣味からエンタメの話なども公開していきます! 何かしら読んでいただいた方のプラスになる記事を沢山作れるよう に頑張りますので、何卒よろしくお願い致します(^ ^)