人生で1番代替不可能な価値の話

こんばんわ。7月21日に行われる

ドラゴンゲート年間最大の

ビッグマッチ、神戸ワールド記念ホール

大会が楽しみで待ちきれないもり氏です。

滾ってる!

さて、今日は非常に興味をそそられる

記事を見つけたのです。

日本人は人の財布は盗まないが

人の時間は平気で盗む。

https://t.co/8Ru8QXxidj Ilandcom.comより

ガツーン

と、衝撃的な一文に

ドキンコしますね。

時間は取り戻せない

タイムイズマネー的な記事は

日本に腐るほど存在しますが

その中でも群を抜いて

的確に日本人の習性を

言い表している点が

秀逸でした。

掻い摘んで感想を。。

仕事は時間から考える。

時間は有限です。

何故なら、お金と違って

失った時間は取り戻すことが

出来ないからです。

過去に無駄にした

時間は幾らお金を

払っても

戻ってくることはない

からです。

1日のうち、睡眠や食事など、

生きていく上で必要不可欠な

行為を除くと、

自由に使用出来る時間は

約14時間。

仮に人生の時間が

あと50年だとすると

14時間✖️365日✖️50年=

26万。

お金に例えるなら

26万円という決して

増やすことのできない

資源を、毎日14円ずつ

私達は切り崩して

生活していることになります。

お金と違って

減っていくだけという

ことがミソですね。

時間への意識が高い人間とは

時間意識の高い人間は、

自分の時間を浪費する

くらいなら、お金を使って

自分が費やす時間を

極力減らし、本当に

やりたい事、やらなければ

ならないことにフォーカス

します。

それは、時間という資源に対して

強い価値を感じているからです。

優秀な経営者とは

優秀な経営者は、

仕事を始める際、

何の仕事をするかを

スタートにしない。

今、何に時間を取られているかを

明らかにし、自分の時間を

奪おうとする非生産的な

要因を退けることから

スタートする。

的な言葉をピーター・ドラッガーは

残しています。

トヨタに見る時間意識

トヨタ自動車といえば

今や日本最大の企業ですが

日本で1番時間意識の高い

会社、とも言えます。

徹底的な無駄の削減。

それに加え、会議において

自分の意見がまとまっていない

まま会議に参加することは

他の人間の時間を

奪ってしまうという考えから

事前に、伝えたい内容を

A41枚の用紙にまとめて

提出しないといけないそうです。

時間に対してこれほどまでの

意識で取り組んでいる姿勢こそが

トヨタを日本一の企業

足らしめていると言えます。

ちなみにトヨタは

物を探している時間は無駄と

いう考えから、徹底的に

整理整頓しているそうです。

ちなみに「あの書類を見せて」

と言われたら10秒以内に

出すのが暗黙のルールだそうです。

。。。今の僕の職場では

絶対に不可能です。。

整理整頓の徹底が

どれだけの時間効率を

生み出すのかが

伺える内容ですね。

時間の質をどう捉えるかで一生の濃さは変わる

時間にルーズで、人を

30分も1時間も待たせる人は、

相手の貴重な人生の時間を

奪っている自覚を

持っていないか

究極の自己中です笑

今すぐ付き合いをやめましょう

・・・とまでは言いませんが

改めて時間の価値について

考えてみたほうが

いいかも知れませんね。

まとめ

その他にもこちらのサイト、

面白い記事が様々投稿されているので

是非興味のある方は

是非ご覧ください!

https://lrandcom.com/check_your_wallet/

ABOUTこの記事をかいた人

愛媛県出身ライティングやブログの知識や、プロレス、読書など 趣味からエンタメの話なども公開していきます! 何かしら読んでいただいた方のプラスになる記事を沢山作れるよう に頑張りますので、何卒よろしくお願い致します(^ ^)