夜は短し 歩けよ乙女

こんにちは。どうやら2ヶ月半程

耳鳴りが止まないので

ここは前向きに

自分への歓声へと

思うことにしたもり氏です。

今セカンドオピニオン先を

探しております。

さて、

今回はおススメ本の

紹介記事です。

もう僕が初めてハマった

小説といえる

本です。

隣のぬいぐるみに

目が行きがちですが、

こちらの小説が

2007年、本屋大賞

確か2位!(うろ覚え)

に選ばれた

森見登美彦さん作の

小説

夜は短し歩けよ乙女

です。

カバーイラストは

アジアンカンフージェネレーションの

CDジャッケットの挿絵でも

有名な中村佑介さんですね。

作者の森見さんです。非常に

文系の匂がしますね。

京大出身のインテリです。

京都を舞台にした小説を

数多く発刊している、

現実と妄想の入り混じった

独特の世界観を

醸し出す作家さんです。

いつか会って話してみたい。。

ちなみに僕は

森見さんの作品ほぼほぼ

制覇しております。

ほとんどハードカバーで

購入しているので

森見さんへの貢献度は

非常に高いと

言えます。

そんな私が森見さんの

作品の中でも

イチオシなのが

この作品です。

京都の大学を舞台に

ヘタレ大学生の先輩と

黒髪の乙女が

交互に語り合う形式の

小説ですが、

もうこの上なく不思議で

面白い世界観なので

好き嫌いは多少

別れるかもですが

ハマる人はとことん

ハマること請け合いです。

黒髪の乙女が良いんです。

もうこれは惚れてまうやろと

いう先輩続出です。

夜は短し歩けよ乙女 /角川書店/森見登美彦posted with カエレバ楽天市場Amazon

発刊から12年ほど経ちますが

僕の中では森見さんの中で

ベスト作品です。

夜は短し歩けよ乙女 /角川書店/森見登美彦posted with カエレバ楽天市場Amazon

文庫版もありますよー。

・・最近は

自己啓発系やアフィリエイトや

SEO関連の本を読むことが

増えましたが

小説もまたちょこちょこ

読んで行きたいですね〜。

https://tomio.hatenablog.com/

森見登美彦氏のホームページ

この門をくぐる者は

一切の高望みを捨てよ

もおススメです。タイトル笑

ご拝読ありがとうございました!

ABOUTこの記事をかいた人

愛媛県出身ライティングやブログの知識や、プロレス、読書など 趣味からエンタメの話なども公開していきます! 何かしら読んでいただいた方のプラスになる記事を沢山作れるよう に頑張りますので、何卒よろしくお願い致します(^ ^)